2012年09月28日

謝罪されること以外は考えない人間の云うことです




宗教組織にありがちなことですが、上記は、宗教をヤッテいると称する人間が、「宗教では許さなくてはいけない」と意味を取り違えて、一般人が内容の如何に拘わらず「許さなくては行けない」などのお説教なされた場合は、却っておかしくなるので付記しました。以上のような事態があれば、宗教をヤッテいると称した人も、客観的に見れば、次元のものです。基本が教えられていないと云うことです。教祖と言われ人達は道徳を説諭した買ったら道徳として、説諭していただきたいと思うしだいです。言語の文法に、第一人称、第二人称、第三人称とありますが、第何人称から見たことか?が先に問われる必要が有るのです。

GLAのに関することになりますが、現実に人称の取り違え(第三者に関することを勝手に自分が許して)何回許しても同じことと云った事態があるのではないのか?それを叉、幸福の科学が許すと云うことであれば、くだらないことを行っているとしか言いようがありません。許さないのならば、当ページに記す事件にしても、どのようにして解決できるのか?立場を変えて考えてみれば、相手は4私が謝ったら許すことにしていたに違いないと思われるのです。要するに自分は許す立場でしか考えられないのです。願わくば他の宗教指導者は、彼らの過ちを糧としていただきと思います。

以上を前提として考察を展開すれば明すれば、良心に従って行ったから神の責任であり、相手に侘びなくてもよいなどと云う想い方生じるのではないか?と云った疑念も生じます。そのように自分自身に言い聞かせても、良心の呵責からは逃れられないのです。逃れているように観えてもさらに奥にある意識は却って大きな抵触を受けているものと思います。自作自演では駄目んのです。だから、内なる神に謝った上で、さらに対象に侘びることが必要と思います。生身の人間に一度謝罪すれば最後まで抑え込まれると云うものではありませんので、逆転の道も開けると云うのものです。以上は、謝罪と許しに関する私の捉え方であって、他にも捉え方は当然あると思います。

2007年11月06日⇔「謝る謝らないは道徳の問題」より

専用液晶保護シートクリスタルガード(SoftBank709SC)CG-SA268【携帯グッズ専門店のストラップヤ!】 「ロケットパワーにんじん君」禁断のガソリン代を安くする秘密兵器(節約向けページ)【ロハスショップe店屋.com】 神【Sin】とFP王の為替で資産10倍計画 ★真のFXパーフェクトマニュアル【FP王の儲けて屋〜Moukete Store〜】 クラックド・ヒールクリーム【ももか健康通販】 Q10ピュアエンジェルソープ【ももか健康通販】
 





posted by 不老の郷 at 07:58| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

謝る謝らないは道徳の問題許す許さないのは宗教の問題(2)



4

宗教指導に関しても、利害損得からすれば、損をするようでも、神の目から見れば、必ずしもそうではないと云う意味を踏まえて許した方がよいと云うことなら問題はないでしょう。但し、自分の対象外のこと、例えば犯罪とか?教義一般に関することはその限りではありません。立場を変えて説明すれば、自分が謝った場合、相手が許すか?どうか?になります。許されなくても、名誉挽回をする道は残されているのです。許さなかった相手には、逆転した場合、この世的には、傍弱な態度をとられても、苦情は言えなくなります。

勿論、この世では、他の事柄に関する力関係も加わりますので、謝っても許されないで旁弱な態度を取ることもでしょうが、霊的には、旁弱な態度は取れません。(想念の中身が一般に知られることがない間は通用しても、一般に知られるような状態になれば通用しなくなると云う意味)許さないと損をするのです。以上は打算の帰結になります。ポイント稼ぎの論理ですが、宗教的なポイント稼ぎは悪いことではなく、個人指導の場では、むしろ推奨すべきことであると私は思います。課題は宗教指導の一環として通用するか?一般的にも通用するものか?
なのです。

結論を述べれば、許す許さないの問題は、宗教そのもの中では生じないのです。意味がないのです。どうゆうことか?と言えば、個人個人の悟りに関するものになります。(自覚度⇔自覚度が高ければ心が広くなる)自己向上を目的とした、行いでは又、打算になりますが、悟りを深めること自己向上は同じものと見てよいでしょう。宗教では許す許さないは、自己の問題なのです。以上は知識としても必要性なことと思います。仲間や外部の人を問わず「お前は宗教をヤッテいるくせに何故許さないのか?」などの言葉の対する対処論理になります。私は、宗教をヤッテいると自認している人達から無言のうちに言われていたものと想像しています。
 
2010-12-10⇔木漏れ日のくうかん「謝る謝らないは道徳の問題許す許さないのは宗教の問題(2) 」より
 【予約】【JUNCTION PRODUCE】ジャンクションプロデュース x ハローキティ☆ちょいワルキティふさ付きぬいぐるみ【携帯グッズ専門店のストラップヤ!】 【送料無料】 カリカ石鹸 (6個セット)【健幸通販のいわさ屋】 コーチ COACH/トート サッチェル[6876/ベージュ×ピンク]【インポートショップヴェロッサ】 日本初画期的商品!N●K全国放送にて決定!品切れになる前に♪【革るん!】【問屋さん.net】


posted by 不老の郷 at 21:24| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

謝る謝らないは道徳の問題許す許さないは宗教の問題(1)


jホ

一般に宗教で言われてところの、謝られたら、許さなくてはいけないと云う意味は、霊的なこと柄を踏まえたものなのです。そうでなければ、宗教は、道徳としての相互関係を説いていることになります。しかし、上記は道徳としては必ずしも当を得た教えではありません。厳密に言えば間違いになります。宗教は相手との相互関係の中での善悪ではなく、自分が許せるか?許せないか?の問題なのです。教祖といえども許さなくてはいけないなどと他人に指示すれば、その宗教は道徳なのです。但し、霊的な事柄を踏まえたものなら、許した方が良いとアドバイスは宗教でもできます。

宗教は、道徳を抜きにして存在できるものではありませんのてで、アドバイスや注意は一概に間違いとも言えません。要は何を視点として説いているか?なのです。上記に示す教えに付いて見解を述べれば、相手は道徳に関するものとして侘びても、自分は宗教の立場で判断することになるのです。簡略に述べれば、謝る、謝らないは道徳の問題であり、許す、許さないは、宗教の問題なのです。道徳には任意(強制的ではない)の義務があるが、宗教には許す義務はないのです。許す、許さないは、自分の自由なのです。刑法に触れる事柄でも同じです。但し、自分は許しても国が許さないと云う場合もあるでしょう。その反対はあってはいけないことです。(自分は許せないのに国が許すこと)

宗教指導者といえども当然のことながら道徳を指導してもよいのですから、対象とする事柄によっては、許さなくてはいけないと言っても良いのです。問題は何を対象として許す、許さない、指導しているか?が問題になります。要するに、宗教の立場で、説いているのか?道徳の立場で説いているのか?が問われます。間違えると「お前がそう教えた」などの言い分が有り、その言葉に責任が生じるのです。又、万人に通用することですが、道徳的な事柄でも、一度は宗教心をもって、許した方がよいのです。その後の経緯、例えば叉同じことを繰り返すなどについては後のことです。感性で判断する問題です。

2010-12-09⇔木漏れ日の空間「謝る謝らないは道徳の問題許す許さないは宗教の問題」より

エモーショナルハートプレミアム【PJネットショップ】 TIFFANY/ティファニー ラビングハート(M)【インポートショップヴェロッサ】 【3個セット】濃縮 納豆粒♪1粒に納豆1パック分の成分全てを凝縮!【大海(やまと)ショップ】 【スキンケアシンク エモルションズゲル 】あなたの肌への実力のあるスキンケアアイテムを・・・。【健康〜美容〜日用品【DOKA-SHOP】】

 




posted by 不老の郷 at 15:53| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

良心の呵責と地獄の関係につい




死後の世界の地獄とされるものは、良心との格闘を意味しているのです。どの段階で良心の呵責を受けるか?なのです。浅いところの方がよのです。良心の呵責を表面意識で受け易い人は、地獄に行くにしても浅いところでしょう。そのような人は、(一般的にナイーブと言われるタイプの人)天国行きの要素も有るだろうから、見聞程度で済むことでしょう。天国行きの要素が無ければ、半永久的に浅い地獄を徘徊することになるでしょう。人間の意識の中で一番浅いところは表面意識なのです。(顕在意識とも言う)このような人に忠告するなら良心と格闘することのないように、頑張っていただきたいと云うことです。

良心との格闘とは、自分が全く悪いことをしていなければ、呵責は受けることはありませんが、悪いことをしない人でも、良心の呵責を受けることを無意識のうちに知っているから、できないと云う面もあります。いわゆる悪いことをすると後味が悪いと云うものです。これも良心との格闘の一種です。しかし、そうでない人もいます。いわゆる仏様のような人です。そういう人は死後天国直行でしょう。天国直行も低いところと高いところがあるでしょう。順を追って上がる人もいるでしょう、それも千差万別でしょう。

その他に芳しくないものとして、自分で、悪いことを行ったことに気付かなくて、勘違いや思い込みから、自分は、悪いことを行ってはいないと、表面意識で思っているだけの人もいることでしょう。しかし、良いことにしろ悪いことにしろ、行ったことは、全て潜在意識や深層意識に記憶されているのです。これは、あの世の話しではなく心理学で証明されているのです。深層意識や潜在意識に記憶されているもの殆どは忘れていて表面意識で自覚することはできませんが、その原因の多くは不要なものだからです。その他の原因として自分に不都合なものも忘れ易くなります。不都合と云っても事柄は忘れにくいものです。不都合の中の多くは。良心の呵責に関する件でしょう。

以上についても、あの世が有るとすれば、地獄行きの要素にはなりますが、それだけでは決まりません。理由は、天国行きの要素もあるからです。要するに差し引きの問題なのです。その他に地獄行きの要素として、良心の呵責はの存在が有っても、無いと思い込んでいるだけでは駄目です。良心から逃げているだけなのです。どうゆうことかと云えば、一般に正当化と言われるもなのです。相互間で使われる言い訳に相当するものでありましょう。その形は千差万別でしょう。したがって地獄も千差万別であります。自分に合った地獄に行くのではなくて、自分で創った地獄に行くと云うべきでしょう。

注1:上記に関しては、私が良心の呵責の意味の探求やや心理学の知識から類推した、地獄館を述べたものですから、事実か?どうか?に付いては責任を持ちかねます。そもそも私は、あの世の存在に付いて、多分あるだろうと思っていますが、あるとは断定していないのです。しかし、反対にあの世は無いと思っていて、死んで見たら有ったのでは駄目なのです。注2:キリスト教もイスラム教もあの世の存在、即ち天国地獄の存在は肯定していますが、生まれ替りは正式には認めていません。生まれ変わりを認めているのは仏教系、インドのヒンドゥー教です。

2007年11月05日⇔「この世の秩序の根源は愛とも言える」より

ケロコート(15g)【ダイエットクリニック】 有機ゲルマニウムセラミックボール【健康サイトカイン】 エアーウエストバーナー【HIT-NET SHOP】 Baccarat/バカラ アラベスクスモールボウル【ブランドショップBlue-Lagoon Import】




posted by 不老の郷 at 06:46| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。