2013年06月29日

悪態の持つ意味と注意点


22オンラインショップ104

常識は良識とは違います。礼節は良識の中に含まれるものですが、常識でもあります。礼節に反するとされる悪態に関してもばあいによっては吐かないでいるとドライアイスになります。礼節は時と場合によって適切に使用されなく区手はならない概念です。又、悪隊はガッチンコを呼び込む畑席もあります。ガッチンコも礼節の中には入りませんが行なわざるを得ないばあいもあります。言わば必用悪とも云えます。礼節とは登り坂と下り坂にの関係に在ります。霊的解釈をすれば表があれば裏があると同じように理解すればよいと思います。問題は、下り坂でも相変わらず登り坂と同じことを行っていれば、礼節も良識に反する事態に直面するでしょう。(周囲から違和感を抱かれる)

宗教心を磨けば上記に関する判断は感性でわかるようになります。重ねて言うことになりますが、私は道徳は宗教の中に在り、宗教が在って成り立つ概念であると認識していますので、いわば道徳の裏面も記すことにしています。シブトイ相手には、同じ対抗手段を繰り返さなくてはならなくなります。但し、繰り返す必用の内場合は繰り返してはいけません。人間の評価の尺度とされる概念は能力だけではありません。肌触りと言った概念もあります。肌触りは自分で判断する者ではなく周囲が感じるものです。又、肌触りは道徳重視する人しない人とは異なります。道徳と倫理は同じものか?違うものか?については、私は同じものであると答えます。唯、現す場がうだけです。

道徳は具体的に起きた現象に関する概念ですが、倫理は、道徳とこカクカクシカジカの内容をもつものであり、人の道とはカクカクシカジカであると学問的に捉えた概念であると理解しています。特個人(例えば豊田章一郎)を評価して彼は、倫理の一つも説かなくてはいけないのに説いたことは一度もないと云う苦情が起きる場合があります。往々にして仲間内から起きるのですが、そのゆうな評価を受ける人は宗教や道徳に生きていないから倫理は説けないのです。体験がないから説けないのです。自己顕示欲が能力留まっていると解釈できます。他方悪をもって善を磨くなどと云う教説もあります。内容を検討すれば、大三者から観れば最後にはけんか両成敗になります。理由は双方ともウラ側の愛が主張できるからです。悪魔は神の化身とする概念も同じです。

私はあの世が在るか?無いか?は、確認できませんが、無くて元々在って後悔しないように生きています。(2013年現在ではあの世の存在は間違いないと思っています)あの世がなければこのようなものを今更記す必要はありません。あれば、使命を履行しなくてはならないのです。あの世があっても大丈夫のようにヤッテいます。さらには、私は複数人に戒めとして「警察に訴えることができないことを行うな!」と言っています。しかるに凌辱獄門の対処の仕方は、警察の裏切りといえます。しかし、霊的に捉えれば警察の対処以前に存在していたのです。又、しかしこの世的に捉えても、警察が悪魔の手下になっていたと云えます。霊的に捉えれば悪魔の計画であったことになります。(以上は霊的因果のしてきではなく現実を霊的にみたものですので因果の展開とすり替えないようにして下さい)

2011-01-31⇔木漏れ日の空間「悪態の持つ意味と注意」再編

濃縮マカ99【美容/健康/生活向上サプリメント通販のビューティケア】 [BTS]B.Bプレミアム石鹸【Beauty Station】 ◆3本セット◆【ナイトタイム対策サプリ】INPOINT-インポイント-【ミルズネット】 世界最小レベル超低分子シルクアミノ酸!シルキナで短期間にキレイを実現【シルクアミノ酸配合 美容食品 【シルキナショップ】】




posted by 不老の郷 at 09:45| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

宗教に指令が成り立つと強権が生じる」より


LCLOVE COSMETIC(エルシーラブコスメティック)

【宗教に指令が成り立つと強権が興ります】
力の宗教を未熟者が説くとこの世的な力を利用することとすり替えられます。キチンと説くには、客観的に観て力の基いとする概念が徳性になっているか?どうか?がわかるように例示が欠かせません。この世的な力を求めると、盟約や約束が介入します。盟約や約束は協調とすり替えられ易い概念です。「私は協調など約束するつもりはありませんん」協調と調和は違います。約束などにこだわれば、法律や道徳を二重(宗教に関するものと一般に関するもの)に創らなくてはならなくなります。宗教は、道徳や法律を含むものでなくてはならないのです。上記意味の解らない者は、宗教とは何か?が解っていないのです。倫理は道徳で行ってもらうべき概念です。宗教に持ち込むとマインドコントロールに陥るだけです。

宗教に義務ありません。道徳には道徳的義務はあります。道徳的義務には法律のウラ付けのあるものと無いものがあります。どこが違うか?については各自で考えてもらいます。又、宗教には参拝と云う行為はつきものです。例えば、正心精舎(正心精舎は幸福の科学の専売ではありません)に赴いて、神に象徴される霊魂を参指令していま拝することは、道徳ではなく宗教の行為であります。幸福の科学では、参拝をした(義務付けていました)宗教に指令が成り立つと(社会風潮となると)強権が興ります。ボランティア活動は、集団で行なう者に関しては、道徳が必要になります。個人で行なえるものは、宗教心(良心に従えれる気持ち)があれば十分です

指令可能なボランティアそのものば、欺瞞であると言わざるを得ません。社会に霊的強権制度が樹立されます。新たな社会風潮になります。「何を企んでいるのか?」と云いたくなります。日本のボランティアは欺瞞です。ボランティア活動そのもの以外に副次的にカルト思想に利用される要素を持っています。又、如何なる行為と云えども義務付ければ指令と言わざるを得ません。他人の自主行為に関する内容に、巧妙に指令(義務)を介入指せた者が豊田章一郎です。現在(2011年1月当時)に至れば、彼が国際マフィアのドン(異議があるなら何故処刑候補になるか)となっていることも視野に入れなくてはならないのです。どのようにして他人の他人の自主行為に関する事がらに介入したか?

答えは、組織の責任者やリーダーの、頭越しに、それらしい理由を付けて介入したと推測せざるを得ません。(それらしい理由とは、道徳に義務備えた概念です)私は、具体的なことは知りませんが、個人的な金輸機関(例えば貸金庫)を持てれば、組織団体の責任者、リーダーの頭越しに組織、団体に介入することも可能になると思います。したがって、国際マフィアノドンになっていても不思議ではないと推測します。私は、別記してあるように、推測で記せる条件を持っていますので、上記に関しても豊田章一郎から、名誉棄損で提訴されることはありません。彼は、この世的には法の弱点を利用するような立場ではなく、法の弱点を護らなくてはならない立場にあったのです。神に象徴される高級心霊の立場から観れば、悪魔の手下としてしか観られないでしょう

2011-01-26⇔木漏れ日の空間「宗教に指令が成り立つと強権が生じる」再編集

2本で送料無料 自動開閉傘『ステッパー』【幕末ショップ】 リアルラゾン(RealRazon)【ほてい屋】 【送料無料・3本セット】スリーGFエッセンスプロ(3GFエッセンスプロ)【Lovelytoys-ラブトイズ-】 ヘッドスパセット LEVATI 【レバティ】【LEVATI】




posted by 不老の郷 at 10:32| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

この世の秩序の根源は愛とも言える」より


j27「無料ごはん超(スーパー)錬金術」

この世の秩序の根源は愛とも言えるのです。人間は無意識の内に些細な愛は誰も行っているのです。その根拠はチョトした親切や思いやりなど、徳を積もうとか相手の為だからなど想いながら行う人などいないのです。愛を自覚的に行うのはよいとしても、間違った教えの基では邪なものに変質すると云うことです。間違った愛が大手を振って通用するようになれば世は終わりなのです。善悪の行為は他人に指示もできまが、愛は具体的に行為として指示できる性質のものではないのです。

それは個人々心の中の想いに属することだからです。要するに指導叉はアドバイスする人が、自分なら、カクカクシカジカの想いをもって行うことを想定して、指示しても行う人は形同じでも想いはそれぞれ微妙にちがうのです。指導するなら、想いと行いの習慣を身につけることしかできないのです。しかしそれには、指導をする人が愛の概念をキチント理解していることが前提条件となります。以上については、具体的な愛なる行為を自覚的に行う指導を受けた人達が、全く無意識の愛が、できなくなっいると批判するものではありません。

叉、宗教と言えども、善悪や道徳は説かなくてはいけないと思います。さもないと間違った愛のチェクができなくなるのです。宗教は善悪が存在しているから必要とされるものですから、抜きにすることはできません。難しいからと言って間違うこともあり得る者に全宅しなくなるとは、一体何事か?宗教に於ける全宅とは、愛の想いで行うことは行った上で、結果は良心の中かにまします神にお任せしますと云うことであります。結果に間違いがあれば、良心(神の意⇒対象に侘びるべきだ)に従って詫びるべきは詫びると云うことです。(良心から逃れることはできないのです)

法律や道徳を犯したものは別ですが、宗教では詫びても許さないと云うものは今度は相手が良心の呵責を受けると云う意味。相手がやせ我慢をしていれば人間には解からないのです。人間は心の段階で、一番浅い表面意識では、良心の呵責は気付かなくても、潜在意識やその叉奥の深層意識で必ず良心の呵責を受けているものなのです。上記する良心との格闘を生き神様が、心の外で神の立場を演ずる事になれれば、どのようなことが起きるか?皆様方考えて見ていただきたいと思います。

上記は事実でなければ、そうゆうこともできると云うに過ぎません。)良心に従って行ったなどの言い訳は通用しないのです。謝っても駄目なのです。結局相手に侘びた上で責任を取るのならば、生き神様など不用なのではないでしょうか?生き神様なら最初から相手に侘びるよう指導できるはずです。但し良心の働きの弱い人や頑固な人には、有効かも知れません。しかし、それも結局は種明かしをしくては、横道に入ることになるでしょう。

注:愛はこの世がある限り(あの世があっても同じですが)否定しようにも否定できないもなのです。そしてその概念を扱うのは宗教なのです。道徳では扱えない概念なのです。愛の概念を間違えて説く宗教は、排除しなくてはいけないのです。間違っているか間違っていないかは、全人類で決める問題なのです。全人類が間違った選択をすれば、人類は未開民族のような形でしか存続は望めなくなります。しかし愛そのも残ります。「衆人に勧められることが悪ちえと言えるか」基準は他人に勧められることか?どうか?です。解りましたか?

2011-01-25⇔木漏れ日の空間「この世の秩序の根源は愛とも言える」より



 





posted by 不老の郷 at 10:56| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

はだしで謝罪に参上は密教?の教え


07

密教のはだし(素足)で謝罪に参上の精神に家来の同伴は意味がありません。家来の同伴は密教の教えとは言えません。高橋佳子の霊的殺人の技は、彼女の論拠からすれば、危険がある以上彼女のなせる技なのです。千和子さんは耳が聞こえるようになったのですか?私でも行ったことは気になります。知能指数が150に達しているのですか?ちなみに、標準が110であり、大川隆法は200超だそうです。野球の球速と同じです標準の2倍などと云うことはあり得ないのです。(大川隆法は、何でそのようなことを云うのか?)

あの世から叔母に護っていてもらった可能性を考えれば、来世の縁は千和子さんを阻害することはできません。加代子さんが千和子さんと折り合いがよくないなら、加代子さんとの来世の縁は放棄させていただきます。私自身は確認できませんので、事実なら、彼女には、自ら退くいていただくより仕方がありません。一時の方便は通用しても嘘は通用しません。あの世から護ってはいただいてはいないとする根拠があったとしても、この世的にも千和子さんとの縁を優先することが筋道と考えます。たわいもない言い伝えも、重大な事件を帰結することがあるのです。他人に指示する場合は気をつけなくてはいけません。

2011-01-24⇔木漏れ日の空間「はだしで謝罪に参上は密教?の教え」より







posted by 不老の郷 at 11:52| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

警察の犯罪を警察に訴える方法


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

警察の不祥事(犯罪)でも警察に訴えることができます。警察に犯行(竹下が指示されたと推測できる)を「ヤレ!」と言われたことでも、危険なことは、警察に訴えなくてはいけないのです。東京の警察に言われたら大阪の警察に訴えれば矛盾は消えます。大阪の警察に東京の警察に訴えなさいと返されたら、郵送の用意がありますが、宜しいですか?と返すことになります。後は、都道府県全ての警察署に同内容を書留で郵送するればよいのです。以上は、警察にとっては悪知恵かも知れませんが、半数くらいは、大津や京都に立ち寄って先に投函しなくてはならないかも知れません。万全を期すなら新聞社や弁護士会にも先に投函しなくてはいけません。その場合は書き留めはできません。

神の立場から見れば、悪知恵ではありません。国民の参考になることです。現実に今実行できるか?となれば家内の力量不足(応用が利かない)と性格が障害になります。中国の日本領事館に北朝鮮の難民が避難した事件は国際法に違反するのですか?「早いではありません。以前から考えていたことです」私は政府に保護の要請を行った件もありますが、責任管轄内の言行については、政府の責任とみなします。お縄にならなければ、何を行ってもよいと云う考え方を取り締まるべきです。人を取り締まるべきとは言いません。不可能です。「又、逆恨みがでたのか?」大川隆法の肖像写真代金の返却の申し出に応じれば、(申し出があったと仮定して)国家公安当局の意向によっては、「何であいつだけだ!」となります。

幸福の科学の破産も考えられます。生半可な措置は両方から非難されます。国家公安当局に相談すべき事項です。岡崎高校の成績表は当てになりません。最盛期には、オール1でも愛知教育大学なら進学可能なのです。私は、谷口健彦から軽視されていた節があります。何ができるか公開したら理由が必要になります。トヨタ?は公開の要請を行った必要性を述べるべきです。どの道表ざたにされることは無いから何を行ってもよい。との見解の発祥源はどこか?警察ならトヨタの追従は警察が審議すべきです。追従でも無条件で行えることではありません。中学の同窓会名簿から私の名前を削除したのは竹下の音頭取りか?理由は寄付を行わなかったと云うことか?

岡崎高校の八田先生は、(生死不明⇔兄の松岡?さん?ハタ?さん、自称養父が旧制岡中の同級生⇔CIAまで登場される目がでては黙秘できる事ではない)トライアイスにさせられていたとしてもおかしくありません。凌辱事件を当初から知っていたなら責任は免れません。生徒は皆バカではないのだから、多少の注意は必要としても、事実を正式に言えばよかったのです。「皆知っているからよいわ」では駄目です。勿論、私にも言わなくてはいけない。このようなことは、家族より先生の方が云いやすいのです。全員が次から次えと陰での怯えが類焼したのです。(2011-01-23) 「警察の犯罪を警察に訴える方法」 $$

※当事件に関しても、基本的には親戚縁者が類焼はお断り、と云う先入観から結局類焼することになったのです。今考えても逃げなくてはならない理由など見当たらないのです。

(1)トヨタはテクニックでは警察や検察に癒着できない。癒着は暴力団に限られます。
(2)高橋佳子がマトモ宗教家なら私を目下に置くことができた。暴力団は手出しできない。
(3)自称養父を私が屈服させれば、高橋佳子と決別しても、暴力団は手出しできない。
(4)官憲と対決しなくてはならなくなっては、現在の状況は成るべくして成ったと言える。
(5)高橋佳子がマトモ宗教化なら私を目下に置くことができた。官憲も恐くない。
(6)自称養父を私が屈服させられ、高橋佳子と決別しても官憲は恐くない。全員が陰に怯えて類焼することになったのです。
(7)凌辱事件があっても基本的には同じですが、上手に対処すれば(1)〜(3)の懸念は、はじめから生じないのです。



 




posted by 不老の郷 at 10:32| Comment(0) | 現在進行形の出来事です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察の犯罪を警察に訴える方法


警察の不祥事(犯罪)でも警察に訴えることができます。警察に犯行(竹下が指示されたと推測できる)を「ヤレ!」と言われたことでも、危険なことは、警察に訴えなくてはいけないのです。東京の警察に言われたら大阪の警察に訴えれば矛盾は消えます。大阪の警察に東京の警察に訴えなさいと返されたら、郵送の用意がありますが、宜しいですか?と返すことになります。後は、都道府県全ての警察署に同内容を書留で郵送するればよいのです。以上は、警察にとっては悪知恵かも知れませんが、半数くらいは、大津や京都に立ち寄って先に投函しなくてはならないかも知れません。万全を期すなら新聞社や弁護士会にも先に投函しなくてはいけません。その場合は書き留めはできません。

神の立場から見れば、悪知恵ではありません。国民の参考になることです。現実に今実行できるか?となれば家内の力量不足(応用が利かない)と性格が障害になります。中国の日本領事館に北朝鮮の難民が避難した事件は国際法に違反するのですか?「早いではありません。以前から考えていたことです」私は政府に保護の要請を行った件もありますが、責任管轄内の言行については、政府の責任とみなします。お縄にならなければ、何を行ってもよいと云う考え方を取り締まるべきです。人を取り締まるべきとは言いません。不可能です。「又、逆恨みがでたのか?」大川隆法の肖像写真代金の返却の申し出に応じれば、(申し出があったと仮定して)国家公安当局の意向によっては、「何であいつだけだ!」となります。

幸福の科学の破産も考えられます。生半可な措置は両方から非難されます。国家公安当局に相談すべき事項です。岡崎高校の成績表は当てになりません。最盛期には、オール1でも愛知教育大学なら進学可能なのです。私は、谷口健彦から軽視されていた節があります。何ができるか公開したら理由が必要になります。トヨタ?は公開の要請を行った必要性を述べるべきです。どの道表ざたにされることは無いから何を行ってもよい。との見解の発祥源はどこか?警察ならトヨタの追従は警察が審議すべきです。追従でも無条件で行えることではありません。中学の同窓会名簿から私の名前を削除したのは竹下の音頭取りか?理由は寄付を行わなかったと云うことか?

岡崎高校の八田先生は、(生死不明⇔兄の松岡?さん?ハタ?さん、自称養父が旧制岡中の同級生⇔CIAまで登場される目がでては黙秘できる事ではない)トライアイスにさせられていたとしてもおかしくありません。凌辱事件を当初から知っていたなら責任は免れません。生徒は皆バカではないのだから、多少の注意は必要としても、事実を正式に言えばよかったのです。「皆知っているからよいわ」では駄目です。勿論、私にも言わなくてはいけない。このようなことは、家族より先生の方が云いやすいのです。全員が次から次えと陰での怯えが類焼したのです。(2011-01-23) 「警察の犯罪を警察に訴える方法」 $$

※当事件に関しても、基本的には親戚縁者が類焼はお断り、と云う先入観から結局類焼することになったのです。今考えても逃げなくてはならない理由など見当たらないのです。

(1)トヨタはテクニックでは警察や検察に癒着できない。癒着は暴力団に限られます。
(2)高橋佳子がマトモ宗教家なら私を目下に置くことができた。暴力団は手出しできない。
(3)自称養父を私が屈服させれば、高橋佳子と決別しても、暴力団は手出しできない。
(4)官憲と対決しなくてはならなくなっては、現在の状況は成るべくして成ったと言える。
(5)高橋佳子がマトモ宗教化なら私を目下に置くことができた。官憲も恐くない。
(6)自称養父を私が屈服させられ、高橋佳子と決別しても官憲は恐くない。全員が陰に怯えて類焼することになったのです。
(7)凌辱事件があっても基本的には同じですが、上手に対処すれば(1)〜(3)の懸念は、はじめから生じないのです。



 





posted by 不老の郷 at 09:59| Comment(0) | 司法権の侵害である ! ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

この世の秩序の根源は愛とも言える




この世の秩序の根源は愛とも言えるのです。人間は無意識の内に些細な愛は誰も行っているのです。その根拠はチョトした親切や思いやりなど、徳を積もうとか相手の為だからなど想いながら行う人などいないのです。愛を自覚的に行うのはよいとしても、間違った教えの基では邪なものに変質すると云うことです。間違った愛が大手を振って通用するようになれば世は終わりなのです。善悪の行為は他人に指示もできまが、愛は具体的に行為として指示できる性質のものではないのです。

それは個人々心の中の想いに属することだからです。要するに指導叉はアドバイスする人が、自分なら、カクカクシカジカの想いをもって行うことを想定して、指示しても行う人は形同じでも想いはそれぞれ微妙にちがうのです。指導するなら、想いと行いの習慣を身につけることしかできないのです。しかしそれには、指導をする人が愛の概念をキチント理解していることが前提条件となります。以上については、具体的な愛なる行為を自覚的に行う指導を受けた人達が、全く無意識の愛が、できなくなっいると批判するものではありません。

叉、宗教と言えども、善悪や道徳は説かなくてはいけないと思います。さもないと間違った愛のチェクができなくなるのです。宗教は善悪が存在しているから必要とされるものですから、抜きにすることはできません。難しいからと言って間違うこともあり得る者に全宅しなくなるとは、一体何事か?宗教に於ける全宅とは、愛の想いで行うことは行った上で、結果は良心の中かにまします神にお任せしますと云うことであります。結果に間違いがあれば、良心(神の意⇒対象に侘びるべきだ)に従って詫びるべきは詫びると云うことです。(良心から逃れることはできないのです)

法律や道徳を犯したものは別ですが、宗教では詫びても許さないと云うものは今度は相手が良心の呵責を受けると云う意味。相手がやせ我慢をしていれば人間には解からないのです。人間は心の段階で、一番浅い表面意識では、良心の呵責は気付かなくても、潜在意識やその叉奥の深層意識で必ず良心の呵責を受けているものなのです。上記する良心との格闘を生き神様が、心の外で神の立場を演ずる事になれれば、どのようなことが起きるか?皆様方考えて見ていただきたいと思います。

上記は事実でなければ、そうゆうこともできると云うに過ぎません。)良心に従って行ったなどの言い訳は通用しないのです。謝っても駄目なのです。結局相手に侘びた上で責任を取るのならば、生き神様など不用なのではないでしょうか?生き神様なら最初から相手に侘びるよう指導できるはずです。但し良心の働きの弱い人や頑固な人には、有効かも知れません。しかし、それも結局は種明かしをしくては、横道に入ることになるでしょう。

注:愛はこの世がある限り(あの世があっても同じですが)否定しようにも否定できないもなのです。そしてその概念を扱うのは宗教なのです。道徳では扱えない概念なのです。愛の概念を間違えて説く宗教は、排除しなくてはいけないのです。間違っているか間違っていないかは、全人類で決める問題なのです。全人類が間違った選択をすれば、人類は未開民族のような形でしか存続は望めなくなります。しかし愛そのも残ります。「衆人に勧められることが悪ちえと言えるか」基準は他人に勧められることか?どうか?です。解りましたか?

2011-01-25⇔木漏れ日の空間「この世の秩序の根源は愛とも言える」より


ネットワークビジネスは国際的な法律が必要
アイディアを提供します
遅れて来た人にお知せします
力勝負の概念を再確認する
国際合意は避けられない
マリファナ諸島贈呈の提案は功績の問題です






 


posted by 不老の郷 at 15:19| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。