2013年12月28日

事件は社会風潮にも責任があります

 




国の公安当局の立場からすれば、ノウハウ事件に関する人権侵害は、 仮に私が、何処かから外部情報を得られるパイプが存在していれば、人権侵害には相当しないのかも知れません。責任者は、パイプが存在しているものと界違いして居たかも知れません。事実は該当するパイプは存在しないから人権侵害になるのです。又、公安当局の間違いを逆説的に捉えれば、仮にパイプラインが存在してたとしても、公式にノウハウ事件が存在しないことになっていれば、情報パイプラインを証拠として、私の主張する人権侵害は存在しないとして公表することもできるのです。しかし、現在に至れば、上記行為は、自分達の犯罪性を証明することに過ぎないのです。何故「もつと早く解決しなかったか!」

公安当局は、私を抑え込むことばかり考えていたから縁起の法が起動してしまったのです。その責任は重大であります。霊的にはその場その場の善悪より、縁起の法を起動させた方が罪が大きいのです。具体的に縁起の法が戸のように進展したか?述べることにします。その場の都合(私を抑え込むこと)に囚われて私のパイプラインに繋がる人達に、幸福の科学大川隆法と同じように事件の存在を「言ってはいけない」などと使機械的に言葉の襲踏を行って、犯罪性の拡張を行うようなことを行っていたと推測するより仕方がありません。上記は、私からすれば「私を抑え込む行為」は、無意味と云うものです。(考え方が松本サリン事件と似てくるのです)

しかし、事件を存在しないことにして闇に葬るためには、仕方がないと考えなくてはならなくなります。例えば、カルト宗教の教祖が所有しているとされる、超能力はどのようなものかん?本当にあるのか?など、など。高官がそのようなこと立ち入ることはできないとする社会風潮も手伝ったと思います。実際に経団連会長(当時は豊田章一郎)の説明を受けたなら、仮に末端の人が聞いても最高責任者の判断を仰ぐことになるのです。片方が、名前を出せば片方も出さざるを得なくなるのです。些細なことで名前が出せないことが障害になって大きな事件に発展したと言わざるを得ません。上記批判は、当局からすれば実情(社会風潮⇔社会的地位の尊厳を護らなくてはいけないとする風潮)に照らして無理な言い分になるでしょう。だったら私は、何故私の方にさじ加減をしなかったかと言います。(これからでも同じ)

2011-03-03⇔木洩れ日の空間「事件は社会風潮にも責任があります」より

移動販売音声 只野WordPressテーマシリーズ楽天編
最強・オークション・ビジネス
長期運用自動売買プログラム
『古屋式・外反母趾改善DVD』
メール配信スタンド取次店募集
SBMトータルアフィリエイト 陵辱獄門&ノウハウブログ/G





posted by 不老の郷 at 07:16| Comment(0) | 司法権の侵害である ! ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

因果を追及すれば、組織の責任は「個人の責任に分解できる」より




宗教の教えが、正しく永久に存続すれば、(不可能かもしれませんが)組織腐敗は自然消滅、叉は、少なくとも野放しにはならないのです。間違った教えを撲滅する方が、組織の腐敗を防ぐより重要課題なのです。国松元長官は、オームの件で幸福の科学に弱身を握られている(もしくはポイントを稼がれている)可能性もあるのです。この世的には組織の長の弱身など握られも、長を変えればさしたる影響はないように観えますが、霊的には大きな意味があるのです。何故なら因果の追及が存在するからです。上記から、霊的な因果を説けば、嫌でも組織の有りように踏み込まざるを得なくなるのです。

この事件に関しては、個人的に元長官の不手際を非難しても仕方ありませんが、幸福の科学が、何のために過去の他人の弱みを利用して、現在の自分を有利に導こうとするのか?(目的が違うのではないか?)目的がゆがめられていることは否定できません。自分の心にやましいものがある証になるだけです。獲得したポイントを他事に利用するならとんでもないことです。但し、当事件に関係するものなら仕方ありません。参考として、親(自称養父)を非難されれば当然とは思いますが、大海勉君は私が、国松元長官の名は出せないと想っていたなら、警察の権威を後ろ盾にしていたと言わざるを得ません。

彼自身が、自分が責務務さえ果さなければ、私は自滅すると思っているに違いありません。。いつかは、私をヤッケてやろうと思っていたに違いありませんが、私はそのように想われる謂われはないのです。勝てる裁判をコチラから避けたののです。被害を蒙るのは彼ではなく洋一君(自称養父の孫)や裕美さんになるからです。非人道的なことができなかっただけなのです。計算と言えば言えますが霊的に負ける分けはありません。(愛ではなく膳になりますが、計算の全くない純粋な想いなら反作用が起きます⇔どちらにしても同じ)彼の責任は大きいのです。権擁護委員会は情理を尽くして納得させていただかなくては何時まで経っても事件は解決しないと思います。

(2011-03-02)⇔木漏れ日の空間「因果を追及すれば、組織の責任は「個人の責任に分解できる」より



 




posted by 不老の郷 at 10:50| Comment(0) | 人権侵害である? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

仔細な教義の間違いから縁起の法則が働いた




私がウラで始末されそうになった根拠は41年前(2011年基準)の豊橋警察署の前で起きた交通事故を勘案すれば、全く根も葉もないことでは1ありません。良心に照らし合わせても推測可能なことです。時は隔たりますが、関口元警察庁長官に自己責任がなければ、私が警察に狙われる根拠を長官は、洗いざらいに公の前に述べるべきです。如何に自分には責任がないと主張しても霊的には連座することになるのです。あの世に還ってから良心との格闘を行わなくてはならなくなります。今生のことは今生で決着をつけておくべきです。

前任者の国松元長官も自己責任を問われれば、自分の立場を弁護するために役職上のシガラミを持ち出さなくてはならなくなります。このようにして順次遡れば、どうなるか?考えれば、いっそのこと私を始末することを前提として(必ずしも始末する意図はなかったと思う)封じ込めてしまはば、(10年ほど前は推測できる明らかな行為があった)一番手際の良い解決策になったのです。そのような事態になったそもそもの源は何か?現在(2011年)に至れば、凌辱事件とすることもできますが当時は思いもよりませんでした。ノウハウ事件と思っていました。

推論すれば、「愛なら何を行っても良い」と云うGLA教祖高橋佳子の教えから、講師などを経て「嘘を云うのも愛の内」などと、勝手に変質した教義が原因であると考えざるを得ませんでした。私は官僚組織が霊的に観て、純粋な愛に基づいてに運営できるものではないことを知っていますので、自分の関係ないことまで持ち出されることは、心外であると思っておりました。これまでには述べませんでしたが、今となればトヨタの代弁の形で述べる必要を感じます。些細教義の間違いから、縁起の法が働いて解決不能な事件となったと言わざるを得ません。

トヨタはこのことを私に告げたかったものと思います。しかし、言葉で告げる手段がなければ、蜃気楼で警告しくなくてはならなくなるのです。それは知ってるから心配無用なことででした。知ってはいましたが、蜃気楼で意味の重大性が解かったことも事実です。(当初は、そのようなところに踏み込まなければ済むことで、そんなに重大なのこととは思わなかった)カルト宗教が、掃除をすると云う名目で、利用したかったのかも知れません。(又は、トヨタが掃除をすると云う事だったかもしれません。詳しいことは当事者しか知らないことです)そして、不可能ならば途中で方針を変更して、私を生贄にすればよかったのでしょう。怒り心頭にくると云うものです。(2011-03-01)⇔木漏れ日の空間「仔細な教義の間違いから縁起の法則が働いた」より

たった3つの実践をするだけで一生がんにならない方法!
転売で夢の副収入生活!
サイドビジネス支援用サイト
ツイッター裏攻略で1000人以上増え続けがっぽり稼ぎまくる!
中高齢者向自動稼働システム
アフィリエイター宣伝専用サイト
王道商品を自動販売 陵辱獄門&ノウハウブログ/F









posted by 不老の郷 at 08:31| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

霊的に良からぬ存在は魂の偏りと言えます




霊的に目覚めていると云うことは、霊的な知識を持っていると云うことでもあります。上記から、霊の世界、即ち想念の世界で於いても低次元世界では、良からぬ存在の存在も説明できます。どうゆうことか?と言えば良からぬ存在はバランスを崩していると云うように考える事ができます。偏りのある魂と考えることができます。偏りが生じると視野が狭くなり、光の量もすくなくなり、魂のランクが下がると考えることもできます。以上から霊的な滋養下巻刑が生じると考える事ができます。しかし、この世、あの世(霊の世界)を通じて如何なる世界に於いても目上の者は、目下の者に、その人の認識範囲内で客観的に正当な批判をされるようなことを行っていてはいけないのです。

但し、的外れな批判は指摘しなくてはいけないのです。指摘する手段が無いようなことを行っている人は自己責任になります。私は家内の的外れな批判にホーページで答える必要があるのです)人間の場合は、少なくとも間違いがあれば認めなくてはいけないのです。目下の者が目上の者(この世の社会的な序列)を批判すれば、霊的な害が及ぶようなことを行っていてはいけないのです。霊的な意味で間違った批判を受けても霊的には害は生じないのです。特定個人の認識能力の範囲内で批判してもバチは当たらないのです。(さもなくば、認識能力の低い者はマインドコントロール叉は盲目的服従から逃れられなくなる)

注:この世的な上下関係は方便の要素が入っておりますので、部分的には上記に相当する箇所があっても、厳密には上記には相当しません。叉、上記全般に関しては、取締り当局にも当然言い分があると思いますので、お聞きいただける人には、聞いていただいた方がよいと思います。(国民の立場で)以上についても大部分は後知恵による理解でありますので、守護霊のお導きと感謝しております。(守護霊とはこの世的には自分自身である。この世的な自負分自身には、守護指導霊や悪魔も同居しているのです)

導きの知恵【霊能百選】 ビジネスマスターシークレット
エクセルマクロ成功法教材セット
ヤフオクアフィリエイトツール
売上アップ・バックナンバー集
バイナリーオプション予想ソフト
無線従事者国家試験ねらいどころ CO2削減アイディアの提案


posted by 不老の郷 at 10:49| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

霊存在を認めるとは社会通念として認めると云う意味




私の云うところの、霊存在を認めるとは社会的に認めることであって、法律的に認めることではありません。証拠の提供できないものを法律の場に適用できる訳がありません。法律的に認めないことは、社会的に認めるか、認めないかには関係ないと思われるかも知れませんが、行政指導と云うものが存在する以上、思想背景も考慮しなくてはならないのです。無関係ではなくなります。例えば、うかつな指導をしてバチが当たった(反作用が起きた)などの事態が生じれば大変なことになります。

当事件(ノウハウ事件)で云ったら、ウラ事情を私に告げたら本当に私が死んだ。叉は、死ぬ展開になったと云うことになれば、行政指導の責任になります。誰かが死ぬにしても、因果的な思想背景や正当性も吟味しなくてはならないのです。反対にバチが当たったと主張しても、現象には、何らかのこの世的原因があるのだから、霊的因果などを吟味しても、霊存在が社会的に認められないものなら、行政の責任にはならないのです。(ここでの責任とは風評の次元のものになります)

神の権威を持った人間が存在する社会で、霊存在を認めることは大きな危険が伴なうものと思います。霊存在を認める社会を求める者は、自から神の権威を主張すべきではないのです。又、上記の逆説として、神の権威を持った者が居ない社会は、霊存在を認めなくてはならないと云う論拠もありません。論理的な取引はいけません。霊的要因は深遠で多義にわたりますので、霊的要因を考慮しなくてはならない社会では、この世的には同じ現象でも霊的な解釈は新説が次々にでてくると考えなくてはいけません。

悪しき現象に対しては、取り締る側は、新たな情報に基ずく要素が加わることも考えられます。対応するためには方針も次々にを変えなくてはならなくなります。具体的内容にもよりますが、他方行政の指導方針が変わったから、宗教理念に関して教義内容を変えてもよいと言うものでもないのです。現実の社会では、未だ悪しき霊的現象に関しては取り締り、指導は行われていないとしても、民衆を含めて、霊的な知識を持っていることは必要であると思います。2007年11月30日⇔木漏れ日の空間「霊存在を認めるとは社会通念として認めると云う意味 」より再編集
 

ヤフオクアフィリが出来るテンプレート (ほめ言葉 Vol.1)
美顔&美肌マジックプログラム
簡易版証券取引分析システム
せどりツール!仕入れが簡単
ワードプレス集客ツール
インフォカート 火薬とアルコールでカゾリン代替え燃料となるか?


posted by 不老の郷 at 17:31| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

愛を逆手に取られれば国も勝てなくなる




利用は勿論、愛ではありませんが、この世的には責任を取れば何ら咎められるものではないのです。叉、間違った愛ではないから、対象となる人間そのものには責任はないのです。(真実の愛なら責任など取る結果は起きないのです。責任が生じたと云うことは、間違った愛であった証)だから、他事に付いては非難はできます。勿論、不当なものはいけません。ですから、利用は、愛ではないからいけないなどと云う論理などないのです。それは愛を逆手に取って対象となる人間そのものを非難しているに過ぎないのです。

真実の愛のつもりで行った行為にも、責任が生じる場合が当然ありますが、その場合は、責任を取ればよいのです。責任を無視した愛の概念だけで、(自分が愛そのものであるかのように前提としたもの)具体的な現象を無視して、具体的な個人、相手や事柄に対処する行為が、私の云う愛のふんどしで相撲を取ると云う意味です。このような思想に対処していると癖、癖としてくるのです。

批判をしても、「チョツト違う」などと言われるだけでヌカに釘なのです。批判行為をとった方が、(言葉で批判でなければ行為に出すしか仕方がない)自己責任で死ぬはめになるのです。マトモナ人間なら愛のふんどしで、相撲など取れないことを良いことに、特定の人間のみが、愛のふんどしで相撲を取ることが許されれば、どうなるか?全ての人間に許されれば、社会の秩序はどうなるか?皆様も考えてみていただきたいと思います。

国家権威といえども愛のふんどしで相撲を取られれば、論理的には勝てないのです。無視せざるを得ないと思います。即ち、論理的には、ウラで始末するより仕方がなくなるのです。但し、愛を盾とする思想を許されなければ、ウラで始末する必要はありません。国が教義を改めさせるなら、特定個人は、神の権威を持たないものにしていただく必要があるのです。神の権威を持ったまま、その時その場の都合で、教義内容だけを次々に変えることも可能なのです。指導しても、何の意味も無いのです。指導で解決するなら、弊害の根本を変えるよう指導する必要があるのです。

2011-02-25⇔木漏れ日の空間「愛を逆手に取られれば国も勝てなくなる」より

中古ノートパソコン取扱! ナンバーズ3アシスタントDX
らぶらぶ♪シムお見合い メール配信スタンド取次店募集
サークルネット無料会員募集 毎日相互リンクがつくれます
自動リンクはLinka 陵辱獄門&ノウハウ事件記事/H


 


posted by 不老の郷 at 14:08| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。