2014年01月31日

理不尽には霊的な力で対抗しなくてはならない




  【理不尽には霊的な力で対抗しなくてはならない】
ノウハウ事件、凌辱事件の参考として・・、(今後の課題かも知れない⇔私は現状は知らない)当事件に関して、大川隆法の背を向けた姿勢は、植福の概念を大きく損なっています。出来事ではなく思想が反映しているのです。出来事は個々のケースバイケースになりますが、思想は場合を選ばず一貫した現れかたをする事を忘れてはいけません。叩けば、他でもホコリがでるものと考えざるを得ません。尚、私は、2008年5月に家族を残して単独で一方的に退会しましたが、事後対策に自信があったから事なきを得ましたが、(但し、家族を論理上の人質に取られていることはダメージとして大きい⇔退会するなら退会勧告がなくてはいけない⇔論理で攻撃する者には論理で対抗することになる⇔無実の者を攻撃する宗教があるものか⇔ 刃物でなければ攻撃してもよいと云うものではありません。選挙運動と勘違いしているのか?⇔異論があっても解決できない自己責任がある)自信のない人は泣く泣く真意に反する寄付を続けなくてはならなくなるのです。

尚、上記手記は無謀のように見えるかも知れませんが、幸福の科学と検察や警察は、ウラではできても、衆人の面前では手を組めませんから心配ありません。以上は誹謗中傷には相当しませんが、この世的力で誹謗中傷にすることもできます。咎めることもできます。私は霊的な力(霊存在の啓蒙と功績)で対抗しているのです。どちらも手を組んだらおしまいなのです。云うならば神の裁きなのです。ウラが解決しない以上、威を張られて不愉快に思う方がいけないのです。私もそれ以上の不愉快な思いを抱いているからです。自力になるものの因果の法に外れた行為ではありません。(威を張りたくなる)キリスト教を批判する分けではありませんが、左の頬を打たれれば、右の頬を差し出していれば、自ら刑場に赴かなくてはならなくなります。但し、霊的な反作用があるとしても(進退極まれば兎も角として、相手のために)私は良いも悪いも霊的な意味を先取りすることを戒めております。理由は、人間は打算が働くようにできているのですから、聖人の真似を勧めること自体が間違いと思っています。

2011-03-⇔木洩れ日空間「理不尽には霊的な力で対抗しなくてはならない」より

導きの知恵【霊能百選】 ビジネスマスターシークレット
エクセルマクロ成功法教材セット
ヤフオクアフィリエイトツール
売上アップ・バックナンバー集
バイナリーオプション予想ソフト
無線従事者国家試験ねらいどころCO2削減アイディアの提案

 


posted by 不老の郷 at 14:58| Comment(0) | 人権侵害である? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

寄付の対象が不審な宗教はカルトと言える




自分の主催する組織え勧誘勧めていながら、不都合が起きたら自主退会しなくてはいけない、などと云う内規など有効に動くとは思いません。退会希望者は自分の都合の良い時にすればよいのです。勧誘したと云うことは、それだけの責任があると云うことなのです。勧誘と云う行為を勧めていれば、勧めたひとはその行為に責任があるのです。法律問題になっても上記道理は通用するものと思います。幸福の科学大川隆法のビデオの講演の中で「組織に所属する者は、組織のトッブと折り合い?が、できなくなったら、その組織を去らなくてはいけない」と私は聞いているのです。

上記大川隆法の言い分は一見妥当のように観えますが、折り合いが悪くなっても責任は両方に有るのですから、退会勧告を行わなくてはいけないのです。自分に非があっては退会勧告はできません。幸福の科学は非はないと主張するかも知れませんが、法律の場で争うことになれば、植福と云う名の寄付は、何に対する寄付か?問われることになります。職福が「神の権威」に対する寄付なら欺瞞になります。「神の権威」に対する寄付で無いにしても、私が観るかぎり正当な対象はありません。但し組織運営費用は仕方ありません。

この度の件に関して検察は、徹底的に宗教組織の勧誘について審議しならてもらいたいと思います。さもないと無理な勧誘が横行することになります。以上は論理の問題ではありません。一昔前には現実の社会風潮だったのです。勧誘してはいけないなどと甘いことを云っていては駄目なのです。(何故いけないか?と反論される)勧誘の責任を追及しなくてはいけないのです。又、カルト宗教と断言でき無かった戸の言い分は、本気がないからなのです。寄付の対象が不審なものが正常な週居活動ができる分けはありません。これほどハッキリしたことはありません。

2011-03-11⇔木洩れ日の空間「寄付の対象が不審な宗教はカルトと言える」より 

ギャンブルラッシュ【Beauty Station】 聞き流すだけで英語をマスター:初級用3作品特価セット(CD4枚+教本)【聞き流すだけで英語をマスター】 【体臭専門医と共同で研究開発】わきが(ワキガ・腋臭)加齢臭 体臭対策の決定版!パーフェクトデオドラントセット(エクストラ)薬用ミョウバン石鹸・スプレーのW使用(制汗)【ラムズ・マークス(ドクターデオドラント)】 ワンダーボム Hカップのグラビアアイドル『松金ようこ』さん秘蔵のバストクリーム!!【Jewel Beaute〜ジュエル ボーテ〜】

 


posted by 不老の郷 at 08:17| Comment(0) | 司法権の侵害である ! ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

信とは何か?付いて語る




信とは己を信じるものであって、他との相互関係にあっては、信じてもらえる己を信じると云うことになります。信は求めるものでも、与えるものでもないのです。信じてもらえなければ自分が未熟者であっただけなのです。もつと言えば、信じてもらえる己を創るには他を信じなくては不可能なのです。他を信じない己を信じられるか?と云うことでもあります。但し、以上については個人間のことです。

「他を信じなければ、信を得ることはできない」と言った教説は、個人間の対話の中では問題はありませんが、一般を対象とした、宗教理念としては不完全なものなのです。理由は主体性が自分以外の他に置かれているからです。具体的な例として、騙されたり、嵌められたり、間違ったりする自分を他人に「信じてくれ!」などと言えますか?と云うことになります。叉、「信じられる己」は、相手を信じる信のみでは創れないのです。

以上を勘案すれば、「信じられる己」とは、人間一般の事象についても「信じられる己」でなくてはならなくなります。自分以外に信の主体性を置くと「私を信じて下さい」「信じて欲しい」などと云う想いが生じることになりますが、これも特定個人間のことなら何ら問題はないのです。何故なら特定個人間では言葉だけではなく、過去の経緯や互いの言行などの実績が前提とされて言葉となるものだからです。一般的な教義としては、「私を信じて下さい」は間違いです。参考記事⇔テレパシー能力開発ノウハウ

2011-03-10⇔木洩れ日の空間「信とは何か?付いて語る」より

導きの知恵【霊能百選】 ビジネスマスターシークレット
エクセルマクロ成功法教材セット
ヤフオクアフィリエイトツール
売上アップ・バックナンバー集
バイナリーオプション予想ソフト
無線従事者国家試験ねらいどころ CO2削減アイディアの提案


 



posted by 不老の郷 at 08:14| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

霊存在を認めさせようとする意志があるように観える




民主主義思想(社会)では、他人の自由意志に属する事柄は権力が介入することはできないのです。民主主義社会でなければ、批判すべき事柄ではありません。例えば猿の社会を批判することはできないのと同じです。問題は霊的真実はどうなのか?と云うことになりますが、人間である私には、神の英知は人知で推し量ることはできないと答えるより仕方有りません。高橋佳子又は、大川隆法にお訊きいただけば、彼らの思想の根源が解ると思いますので検察には、是非確かめていただきたいと思います。私は、自分の思想を述べるより仕方ありません。人間には、人権と云う概念を維持しなくては、人類の調和など不可能と考えます。

人権の概念を標榜すれば、必然できに民主主義社会を構成しなくてはならなくなります。現実に親類はその方向に向かっていると思います。後戻りなどできないと思います。仕方がないのです。為政者はそのことを抑えていただかなくてはなりません。当事件(ノウハウ事件)一般民衆に知らされていない以上、放置されれば、どうしても為政者の責任になります。私を含めた関係者の責任にするのは無理です。(私の立場からすれば、例え原因を創った者でも個人的に責任を追及すれば逃げられます)嘘と同じで、道理に反したことを行えば、次々に道理に反したことを行わなくてはならなくなります。

この世は霊の世界と一体化しているならば、(この世は霊の世界に浸かっている⇔霊の世界⇔想念エネルギーの世界)忠告して駄目なものは、自衛手段は必要としても、勝手に行わせておけば自滅するのです。霊的な立場を考慮すれば、当事件は、間違いが生じて挫折しない方法で、霊存在を認めさせる使命があると考えます。したがって、私を非難する者の言葉のように、「最後の最後に、ドンデン返しなど起きる」と云う事態はあり得ないと考えます。根拠として、霊の世界は常に霊存在を認めさせようとの意志かあるとする思想があるように観えます。しかし、手段を間違えるから挫折するのです。(やり直しを求められる)

以上を勘案すれば、マスコミもいずれ関心を持つようになると思います。神達を批判した罪により、運命が反転しなければ、私の勝ちなのです。カルトの教祖達が、神でないことを認めなくても、(依然として神の権威を主張しても)テレビドラマで、放映されるようになり、バチも当たらなければ、断罪も何もできないのです。警察が手を引けばそうゆうことになるのです。(一時代はモクリで行わざるをえなくなります)国家権力が介在しているからマスコミも報道できないのです。以上をジレンマと云います。志のある人は、何故ジレンマに嵌ったの?原因を考えてもらいたいと思います。

2011-03-09⇔木洩れ日の空間「霊存在を認めさせようとする意志があるように観える」より 

リードメール&トラフィックエクスチェンジ アップアクセス
traexエクスチェンジ
トラフィックエクスチェンジ
BCトラフィック EX-SURF
BEGOOD.jp ad-site55.net
もっとアクセスUP トラフィツクエクスチェンヂ Myhistry


posted by 不老の郷 at 08:26| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

批判には防衛的なものも義務的なものもあります




当方が記す手記は、単なる批判ではなく自己防衛的な要素を持つもであり、義務的要素をもつものもあります。事件(ノウハウ事件とする)関する当方の見解は、全て推測を基にして展開したものですので当然間違いがのあることも考えられます。その原因は、国の担当部署が先に事件を存在(私にとっては推測にしか過ぎませんが、間違いなく存在していると確信できます)を報告することを怠っているから必然の展開になります。防衛のための批判になります。

幸福の科学の力を身につける方法とも言える植副事業は、様相に関する限り健康食品販売事業と同質なのです。効果があったか?どうか?に関しては、調査しなくては判らないものなのです。しかし、犯罪に相当しなければ国の権威をもって調査することはできません。したがって、意見の提供は国民の責務なのです。しかし、意見を直接幸福の科学に言えば、批判と受け取られた場合不要な摩擦が生じます。最低限質疑応答を行わなくてはならなくなります。

宇宙の根本神ではないにしても、少なくとも、根本神と話し合いができる神の一員を自認する、教祖の大川隆法と、最後には「神とはなにか?」について議論しなくてはならなくなります。したがって意見は国の所轄部門に進言しなくてはいけません。但し、検察が議論に勝てるか?どうかは?知りません。少なくとも2007年当時は勝てなかつと思います。私も今更議論を行う気持ちはありません。相手が自分間違いを認めても謝罪を受ける気持ちはありません。理由は上記に関する件は公に取り組むべき件だからです。

2011-03-08⇔木洩れ日の空間「批判には防衛的なものも義務的なものもあります」より再編集

infotop「起業商材」 副収入爆弾!12連発AtoZ転売afi
《家電・ゲームセドリの救世主》
男性向け【フェロモン配合香水】
ワードプレスin楽天アフィリエイト
超業実践型ブログシステム
マックスゲインGX[男性向サプリ] CO2削減アイディアの提案



posted by 不老の郷 at 09:59| Comment(0) | 司法権の侵害である ! ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

警察が保護していると云う意味は何か?



 
声なき声の言い分があります。「君は警察の庇護がなければ、一たまりもなくなるのだ!」減殺も警察に警察一般の仕事として、庇護されていることが、解かっているのか?」と云うないようです。上記の言い分に対して、当事件(ノウハウ事件)似関して警察が代弁して、全てを説明することになっていれば、それも妥当と思いますが、事実は、直接民衆からの質疑応答が避けられなくなれば、誰が火達磨になるか考えていただきたいと思います。警察が手を引けば、ウラ事実が明らかになって行くと云うことも推測可能なことです。

具体的には、私が個々にの推測する自体が明らかになると考えられます。相手が間違っていも、咎めなければ(咎める人が居なければ)何も起きないのです。言葉上で私の方が間違っていると逆襲されることも可能なのです。言いがかりを付けられれば、今度は警察に訴えることさえできなくなります。したがって私としては、推測の範囲内の事柄であっても、インターネ意味警察保護されているットで公開して民衆に訴えるしか手段はないのです。

以上よう状態を抱えていても警察は護っていると言えるか?どうか?考えてもらいたいと思います。上記は真実の意味では正当防衛なのです。何から正当防衛を行う必要があるか?考えてみて戴きたいと思います。考えていただけば真犯人が浮き彫りになってきます。私は、GLAも幸福の科学も関わりを捨ててからの、新たな言動には関係ないのです。唯、過去の間違った言動の改められていない事実に基づいて、所見を公開しているのです。

一度公表したものは訂正の必要が有れば、訂正して公表しなくてはならないと思っています。頑なに過去の言動を非難しようとは思ってはいません。しかし、改善されたか?どうか?については、言及したり追及することではありません。警察もしくは検察の行うことです。したがってトヨタ含めて、事件に至らしめた責任のある人達が前非を改める現行があった場合は、国の責任該当、当局はその事実を知らせてもらう必要があると考えます。その行為を怠れば、今度は当局が事件解決を阻害していることになります。私の罪など全くないのです。

2011-03-07⇔木洩れ日の空間「警察が保護していると云う意味は何か?」より
 

ヤフオクアフィリが出来るテンプレート (ほめ言葉 Vol.1)
美顔&美肌マジックプログラム
簡易版証券取引分析システム
せどりツール!仕入れが簡単
ワードプレス集客ツール
インフォカート 火薬とアルコールでカゾリン代替え燃料となるか?



 




posted by 不老の郷 at 07:58| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

国が人間神様を認めようとも私は認めない




世渡りのコツと云えば、自分を守る最大の注意事項は、大樹の意向に従うことであり、逆らわないことであるとすることもできます。上記思想が蔓延すれば、独裁者の出現を食い止められなくなります。霊的な事柄に踏み入れば、何はさておき、生き神さまに奉仕することが大切なことになります。それが、有利にことを運ぶ手段であり、負ける方に、加担しないと云うことを迷いなく行える手段でもあるのです。(神が負ける分けはない)但し、人間神様では失敗する場合がありますので、計算が狂うこともあります。

霊的なことは、深遠ですので一概には言えませんが、場合によっては、(徳に邪な者が介在する場合は)予め、計算が狂うように設定されているとも言えるのです。予め設定されていたは神には勝てる分けはありません。しかし、それも人それぞれが、どのように認識するか?の問題なのです。統一した見解にするなら、ソチラの方おかしいのです。(道徳や法律を逆手に取ることが可能になる)国が暗黙の内に認めようとも、(検察が宗教論議に負けて認めざるを得なくなっても)人間神様は認められません。(お前の様に身軽な身分ではないと言われれば、霊的には、書記に不自由な体と引き換えなのです⇔閻魔大王に何故その道を選んだのか?答えなくてはならなくなります)私はトヨタにも屈服してはいません。

霊的存在は、社会通念として認められても、その内容の意味と解釈は、解釈する人の自由であり、どのように解釈しようとも、その人のものなのです。宝となっても毒となっても、その人のものなのです。解釈に関する他人の意見、アドバイスを取り入れることは、勿論、可能ですが、取り入れた解釈の基に創られた認識は自分のもので、他人の責任にはできません。勿論、他人の責任を追求すことも、他人のせいにすることもできますが、トラブルに発展しても他人のせいにはできません。しかし、それでも他人のせいにできるのです。最後は破滅するか、しないかの問題になります。自信の問題なのです。

以上に関しては、他人のことでも客観的なことでも、同じ事なのです。事象をどう捉え認識したか?は自分なのです。自分の見た赤い色は、自分の認識した赤色に過ぎないのです。同じものを観ても、他人の見た認識と同じであることは、証明できないのです。多分同じだろう思うだけなのです。観た対象物が同じであることと、取り違えてはいけないのです。仮に脳波から同一であると証明できたとしても、電波の働く条件は心の外の出来事なのです。心で捉えた、赤と黄色がそっくり入れ替わっていても判別はできないのです。妄想かも知れません。

もっと分かり易く言えば、仮に、生き神様が私が死ぬことは、当初より前提条件として霊的に組み込まれていたと、仮定ではなく、実際に認識していたとしても、認識していたこと自体は、誰も意義は唱えられないと言うことなのです。取り締まり当局が如何に追求しても、何の意味もないのです。取り締まりできないことなど十分知っているのです。一事が万事そうゆうコトなのです。死ぬのではなくて、人権侵害でも同じことなのです。(死ぬでなけれはば、国の責任がもっと重くなるのです)当を得ているか?どうか?は別として、自分を例にだすしか説明できないのです。各個人の認識の範囲内のものを、普遍化するからいけないのです。

2011-03-05⇔木洩れ日の空間「国が人間神様を認めようとも私は認めない」より
 

インフォカート Portfolio_Core6(コア6) 弾丸ターボバイナリー
リセールライトマガジンvol26エントリー専用 『 コラボ・レッド 』
ワードプレスで楽々自動更新型アフィリエイトSP(楽天市場攻略)
健やかな眠り【パーソナル版】
ビジネス実践シリーズ3本セット
「アメブロとワードプレス」時効は永久に存在しない!?






posted by 不老の郷 at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

この世は霊の世界に浸かっていると云う意味





私の云うところのノウハウ事件に関して、現在(2011年月)に至るまでに内定が行われたか?どうか?知りません。推理するしか仕方がないのです。内偵がが行われていれば、自称養父の絡みの件は、真実は私しか知らないことです。(二者間の事柄ですから当然です)内偵にしろ事情聴取行われなければ、偏見による判断が生じ私が不利になります。したがってホームページにて自分の主張すべきことを主張しているのです。不法行為と断罪するならばこれは、この世的にはどうあろうとも、霊的には国家の犯罪になります。国松元警察庁長官は私と同年輩で、とっくの昔に退官しているはずですが、霊的な責務はこの世に生存していても、あの世に還っても残るのです。そうでなくては霊存在の意味はないのです。この世に生存しているままに霊の世界の掟の支配を受けると云うことは、即ち、この世は霊の世界に浸かっている証しになります。スポンジが水の中に浸かっている除隊を霊に採れば、霊の世界が池で水がエネルギーであり、スポンジの中がこの世になります。

国の為政者は、この世的には、この事件を仕切って解決できる人が居ないと云う理由で、放置することもできるかもしれません。放置されれは、霊的な責務のある人が、行わなくてはならなくなるとも言えます。元長官は、自分には良心に問うても自分に責務が無いと真実想うなら、想うところを全て、国の公安委員会に懺悔しなくてはいけないのです。当人が国家公安委員会委員長ならば、あの世に還ればは間違いなく地獄に行くことになると思います。何処かで道理に反することを行わざるを得ないのです。道理に反することをすれば、ポイントを相手に稼がれたことになるのです。こうして、次第に深い地獄におちて行くのです。国家買う案委員会の委員長でなければ、率先して良心にしたがって内偵に協力すれば、当事件に関し限れば、地獄には落ちないでしょう。この世と霊の世界は、別々に存在することになり、霊の世界は無いと同じになります。この世の責任は霊の世界の責務が反映されますので、退官して責任は消滅しても責務は残ると思います。

2011-03-⇔木洩れ日の空間「この世は霊の世界に浸かっていると云う意味」より

稼ぐ仕組みを構築「SBMトータルアフィリエイト」 【美乳革命】
ストレートスナイプ
アフィリエイタースキル養成塾
フォローマティック(一括制)
韓国家庭料理レシピ
infotop 火薬とアルコールでカゾリン代替え燃料となるか?


 



posted by 不老の郷 at 15:20| Comment(0) | 人権侵害である? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。