2014年05月08日

根拠と証拠の違いについて 




表題の【奥密教が参加した理由】について事実か?どうか?の確認は、私以外の人は基本的には全ての人が確認てきますが、確認できませんので依然として、空想物語に類別しています。事実だなどと思うと、次から次えと類似現象が生じて、事実と空想をどのように識別してよいか?さ5も判らなくなります。生きながらに幽幻界にさまようことになり、断定すればマインドコントロールに陥いります。ですから、私はいかなる根拠があろうとも証拠が得られない以上事実とは断定致しませんのでご承知下さい。簡潔に言えば、奥密教の参加はあくまでく想像「事柄を記したものです」と云うことです。

想像した事柄は事実と一致しても、一致しなくてもよいのです。法律的には、(私に関しては)一致しても想像の産物としてはいけないのです。私は責任は持てませんので、責任が発生すれば、国家公安当局に持っていただかなくてはなりません。嶽道様についても同様です。密教系ははじめから説明は行わないと推測いたしますが、私は、一定のところまでは説明しますが、最後まで説明は致しませんのでご理解ください。以上からご理解いただけると思いますが、私がインターネットで表わしている事柄はすべて推測、想像を交えて(事実もある)記したものです。

尚、上記の最後までは厳密には、際限なくと云うことでありますから、言葉尻を取り最後とは何か?などと論争を仕掛けれる者は、他人を攻撃するための論議であると受け取らせてもらいます。(気付かなければ注意すればよい)靖にお伝えします。澄子をGLAに誘った目的は、監視役に成ってもらうためだったので、追及するればマズいことがおきるのです。省みれば、そう云うことなならように感性で言行したまでです。行政解決を行うなら、(目指すなら)自称養父の遺族にその旨(最低限)を報告してもらわなくてはならないことです。法律文で謝罪すれば、行政解決を済ませたことになる。

神に謝罪して済ませられることは、(可能か?不可能か?は別問題)想念上の事柄であって、文書や言葉て対象者に行うべきことでもよいのではありません。私は祀られている霊魂を信仰している分けではありませんので、霊的にも完全に自己責任になります。どなた様も一人相撲を取らないようにお願いします。特定霊魂と争いになっても、罰は当たりません。密教方式きは、先時代の遺物になると私は、予見しております。精神分析学が一歩踏み込めば、宗教と区別がつかなくなるからです。普及には、パソコン、携帯電話が大きなウエイトを占めるからです。(2011-04-07)⇔木洩れ日の空間「根拠と証拠の違いについて」より     

エンプレスローズ ヘアグロス&フレグランス premium hair gloss&fragrance【9個で送料無料】【アットスタイルフォーシーズンズ】 石鹸&サプリメントで完全無臭生活!!【超快しゅうセット】(もも倶楽部)【もも倶楽部】 【モデダイ2】現役カリスマファッションモデルのハイパーダイエット/modeldiet2(ダウンロード版)【こぶた・ちょっぷ♪】 ファイブデイズプレミアムダイエット【アットスタイルフォーシーズンズ】


 


posted by 不老の郷 at 10:51| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。