2014年02月27日

人間の概念は人間社会の中でしか通用しない




人間の知恵で神を推し量れないことの意味を、猿と人間の関係に置き換えて観ただけでも解ります。人間が猿の社会に、干渉(悪い奴を懲らしめる)した場合どう変化するか?猿の社会を研究したらどうか?と思います。一度干渉して途中で止めるには、どのような対策が必要か?等々です。人間の概念は人間社会の中でしか通用しないことが解ると想います。猿でなくても子供社会に大人が干渉しても基本は同じなのです。神の存在については、人間個人は「自分は認める」「自分は認めない」だけです。他人と議論することではないのです。自分で考えることです。「認めない」としている人も認めなくてはならなくなる場合もあるかも知れないし又、ないかも知れないのです。

しかし、認める人に認めてはいけないとすることはできないのです。亀井さんは東大卒なら私の云わんとすることくらい解るでしょう。(異論はあるとしても)一つ問題を提起すれば、神にもいろいろ神があるとしても自分は神である(人間を超越した存在)と云った以上高橋佳子や大川隆法最低でも猿の社会の在り方が解らなくてはいけないのです。説明できなければ所詮人間なのです。私は、神の存在を主張している以上霊世界を証明する必要が生じます。我田引水的表現になってもむしろ書かなくてはいけないか?と思い考えあぐねた結果記したことです(ここが神の存在を信じることは、神を信じると違うところです);良心の呵責を享ける事はありませんので、余計な忠告はお止め下さい。

2011-03-18木洩れ日の空間「人間の概念は人間社会の中でしか通用しない」より 

リズムイン水素 ヤフオクで車を安全に高く売る方法
ツイッター裏攻略で1000人以上増え続けがっぽり稼ぎまくる
全世界対応WEBビジネス構築 億万長者への道〜(特典付き)
商売繁盛するアメーバブログ集客マニュアル! 【美乳革命】
住宅規程活用マニュアル 国家破壊罪ではないか?!

  
 




posted by 不老の郷 at 15:55| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。