2014年03月03日

時間と空間が入れ替わる世界を想像する   




靖は、おふくろさんや祖父の遺言を預かっていなければ、面会に来なくてもよいです。回想しても祖父は、自称養父(祖父の長男)を遺言を託せられる人間とは観ていなかった思います。したがっておふくろさん(祖父の長女)に託すことになります。(ホームページで伝える事ではない⇔何故事情聴取にこなかったか?)嶽道様のお守役を行っていたと推測できますが、気位が高くなって、目下の立ち場で心理的に私と面会ができない可能性も想像できます。、無理はさせないで下さい。嶽道様の祠(多分中だけで周辺は大状夫と想像します⇔この世的には妄想になります⇔時間と空間が入れ替わっているかも知れないょので私は、不必要な口出しはいたしません。

時間と空間が入れ替わるとどうなるか?さえ私は理解できないのです。数学的(幾何学上の論理)にはあり得ると思うだけです。尚、幾何学上では、時間と空間が入れ替わることも可能との内容は、科学者らしき人達の想念をキヤッチした?ものです。(そのようなことを言っていた感じがした⇔私の独自のインスピレーションではない)口約束、言い分けなど空間が時間のようになれば、元に戻すことはできなくなります。空間は元の場に戻れるけれども時間は戻れない⇔時間と空間が逆になる。又、5次元構造がどのようなものか理解できない人間に、神は理解できないと見做します。理解できたと云うことはできますので、説明が必要ななります。

つづければ、同じ4次元世界のウラと表が入れ替わるような現象で、5次元世界ではないと想う(この世的には妄想である⇔確認できた人が居ればには妄想ではない⇔確認できた人が居いても私には妄想になります)谷垣さんは大丈夫ですか?(以上の持つ意味が解るか?)悪意がなくても間違いを起こされては困るのです。上記に関して、遺言がなくてもホームページで有無は問わなくてはならないのです。ここが解らない人は駄目なのです。指摘されてからでは遅いのです。「又、間違った」「それしまった」となるのです。谷垣さんに続けて言うなら、神の存在を感知すればそのこと自体を、以後否定して生きる事はできなくなります。但し、方便を持って生きる事はできます。次は、方便でどこまで持ちこたえられるか?が課題になります。

2011-03-19⇔木洩れ日の空間「時間と空間が入れ替わる世界を想像する」

infotopアメリカ発の最新睡眠誘導法で快眠を実現!
月40万円稼ぐ新プログラム
高収益獲得プログラム
キューティーバイナリー
アフィリエイトディスカバリー
100億円ライティング 造幣局に特許権を取ってもらいます

 


posted by 不老の郷 at 12:14| Comment(0) | 現在進行形の出来事です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。