2014年04月30日

凌辱事件と神の存在について



トラフィックレボリューション
 

加害者、被害者に拘わらず凌辱により霊的に目覚める現象が、霊的立場が有利になるなら、邪な行為による霊能力開発が阻止できなくなります。私の方が霊格が上位でなくてはならないのです。それとも私以外に阻止できる人がいるなら傍観は許されません。私に対抗するのではなく、該当者に救いの手を伸ばさなくてはいけません。対象が加害者の場合は誅伐しなくてはいけない。私は一定の責務は果たしました。凌辱事件は国の責任でありますが、対策は国にお願い致します。私は、この世的事実を無視して、霊的意味(解釈⇔人により違う)の先取りを戒めていますので、先取りは致しません。理由は、すでにインターネット上で公開していますので閲覧下さい。

神の存在を信じるなら、天災も意志があることを証明する、(証明できる)ホローを行わなくてはいけないのです。我田引水行為(神を信じるならそうなる⇔神を信じて行ったから見返りが得られた)と取り違えられて、宗教裁判で処刑されてはたまりません。処刑される前に反作用が起きるものと思います。「シッカリして下さいよ!」同じ現象でも受け止め方が違うのです。どちらに足を置いてでも試すことは否定しませんが、自己責任になります。放射能漏れの対策が無くなったではいけません。受け止め方の違いですから(証拠はないから)競合はしません。思想の転向は必要ありません。神罰と解釈しようが、自然現象と解釈しょうが自由にしていただけば結構です。非難されればトラブルが生じます。2011-04-04⇔「凌辱事件と神の存在について」より

【炭酸エステ】 超集中炭酸ケア(10回分)!【もも倶楽部】 【お得セット】ホワイテックス(顆粒)&フォーマン【ピュア・メディカルOnline[Dr.Tony店]】 フサフサスタイル ヘアリバース 2個セット(60日分)【うるおい生活リンリン本舗】 <お得な5+1個セット>【シトルリンドリーム365】ついに《お徳用》になって登場っっ!※送料無料!!【MAX STORE】





posted by 不老の郷 at 09:55| Comment(0) | 社会と宗教思想に付いて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。